レーシック(LASIK)

もっともメジャーな視力矯正手術、レーシックについての説明です。


現在もっともメジャーとされる視力矯正レーシック法は、『ケラトームレーシック』です。名前の由来は、角膜のフラップ形成のときに使用する”マイクロケラトーム”という機器で、現時点ではもっとも一般的なレーシック法です。ふつう、『レーシック手術』というと、このケラト−ムレーシックを指します。

現在の症例数は最多であり、信頼度の厚い視力矯正法ではあります。

しかし、術後にドライアイなどの後遺症がでやすい、角膜の厚み不足や近視度合によっては手術が受けられない等の観点から、徐々に最新の視力矯正レーシック法(イントラレーシックなど)に移行しつつあります。

いま一度、ケラトームレーシックについての流れを確認してみましょう。


【ケラトームレーシック】

@目の周辺の消毒、点眼麻酔をします。

Aマイクロケラトームというカンナ状の機材で、目の表面を薄く蓋(フタ)状に削り(=フラップ形成)、フラップをめくります。

Bフラップをめくったすぐ下の角膜にエキシマレーザーを照射し、角膜表面の曲率(カーブ)を変化させることで、光の屈曲率を変化させます。屈曲率を変化させることで、視力矯正できます。

Cめくっていたフラップを元に戻し、眼球との接着を待ちます。


レーシック手術のメリットは、拒絶反応のないところ。フラップは異物でなく自分の生体内から切り取ったものなので安心です。しかし、最新のレーシックでは、さらにフラップの断面がなめらかで、接着もキズの治りも早いため、現在のレーシックよりも精度が格段に上がっているといえます。今後の視力矯正の主流は、1ランク上のレーシック法に移行していくでしょう。


レーシック(近視レーザー手術)眼科 紹介

神奈川クリニック
東京・大阪・名古屋 詳細 予約 資料請求
神奈川クリニック眼科は世界最高性能といわれているレーザー「コンチェルト」で世界一の症例数を誇っている眼科です。遠方交通費補助や公式HPに割引クーポンページがあるので、印刷して持っていけば、手術費用がキャンペーン価格よりさらに10,000円の割引になります。

品川近視クリニック
東京・大阪・名古屋 詳細 予約 資料請求
品川近視クリニックは症例数21万5484件(2008年1月31日現在)でイントラレース世界トップクラスです。また3年連続イントラレース賞を受賞している優秀な眼科です。遠方の方の交通費補助制度あり。適応検査無料です。

錦糸眼科
札幌・東京・大阪・名古屋・福岡 詳細 予約 資料請求
錦糸眼科は2003年にアジア圏で初めてイントラレーシックを実施した認定施設です。近代的な院内には世界でも有数の高性能レーザー機器が装備され、先端レーザーテクノロジーで治療を行っています。