レーシックとは?

レーシック(視力矯正手術)って、最近受ける人が急増していますが、そもそもレーシックとは一体どのようなものなのでしょうか。


「レーシック手術を受けて、視力が2,0になった!」

などという話が、周囲でときどき聞かれるようになりました。やっと最近、耳慣れてきたこの”レーシック”という言葉、一体どういうものなのでしょうか?

レーシック(=LASIK: Laser in Situ Keratomileusisの略)とは、”角膜の屈曲矯正手術(主に近視)”のこと。他国に比べると日本での普及率はまだまだ途上段階でなじみの薄い用語ですが、近年その安全性や利便性、口コミによって徐々にその名を広めつつあります。”視力はいったん低下すると元には戻せない”という従来の固定観念をくつがえすものが、この視力矯正手術、《レーシック》です。

その名のとおり、レーシックは《Laser=レーザー》、《in Situ=生体内の》、《Keratomileusis=角膜》、つまり”角膜のレーザー治療”を指します。まず、角膜(目の最表層)を蓋の形にカットし、そのすぐ下の層を薄く削り取って目の表面のカーブの角度を変えてから、再び蓋を元に戻す、という短時間の視力矯正手術です。目の表面を切ったり削ったりと、想像するだけで痛々しいイメージがありますが、切除する部位には神経が通っておらず、ほぼ無痛で施術することができます。術後すぐに視力回復し、キズの治りも早いため、入院の必要はありません。多忙な方にもオススメの視力矯正法です。

レーシックは、従来の視力矯正手術の改良版です。現時点で、もっとも安全で、かつ確実な視力矯正法と言えるでしょう。近視治療が主なレーシックですが、遠視や乱視も治療可能です。ただし、老眼の視力矯正は現時点では研究途上で、欧米で研究が進められている最中です。将来的には老眼治療も可能になるだろうと言われています。


レーシック(近視レーザー手術)眼科 紹介

神奈川クリニック
東京・大阪・名古屋 詳細 予約 資料請求
神奈川クリニック眼科は世界最高性能といわれているレーザー「コンチェルト」で世界一の症例数を誇っている眼科です。遠方交通費補助や公式HPに割引クーポンページがあるので、印刷して持っていけば、手術費用がキャンペーン価格よりさらに10,000円の割引になります。

品川近視クリニック
東京・大阪・名古屋 詳細 予約 資料請求
品川近視クリニックは症例数21万5484件(2008年1月31日現在)でイントラレース世界トップクラスです。また3年連続イントラレース賞を受賞している優秀な眼科です。遠方の方の交通費補助制度あり。適応検査無料です。

錦糸眼科
札幌・東京・大阪・名古屋・福岡 詳細 予約 資料請求
錦糸眼科は2003年にアジア圏で初めてイントラレーシックを実施した認定施設です。近代的な院内には世界でも有数の高性能レーザー機器が装備され、先端レーザーテクノロジーで治療を行っています。