レーシックの歴史

いまや世界的に視力矯正の主流となったレーシックの歴史についてです。


視力矯正法レーシックの歴史の幕開けは1975年、エキシマレーザーの開発に始まります。

エキシマレーザーとは、熱を帯びない安全な紫外線領域の波長レーザーのこと。それまでのレーザーは高温の熱を発するものでしたが、これを改良し、発熱を抑えることで角膜を傷つけることなく、安全な切除を可能としたもの。これがエキシマレーザーです。このエキシマレーザーの開発のおかげで、視力矯正手術レーシックは、より安全で確実なものになったのです。

1980年代に初の臨床、1990年代に視力矯正手術として認可され、レーシック治療は世界にさきがけて欧米でより多く導入され、現在、アメリカでは年間100万件以上の施術が行われています。

確実な視力矯正法としてレーシックはまたたく間に世界に広まり、アジア方面でも導入が始まって、日本でも1998年に認可を受けることになります。


視力矯正手術の構想自体は、じつは1800年代にすでに存在していたといわれ、日本や旧ソ連では実際の施術の試みがあったものの、術後の角膜に異常が認められたために、視力矯正手術はお蔵入りとなっていました。のちに、米エキシマレーザーの開発により、ミクロン単位の正確な切除に成功、精度の高い手術が世界的に認められ、レーシックはやっと日の目をみることとなりました。

日本でのレーシック手術数も

・2000年→2万人
・2005年→7万人

と飛躍的に伸びています。

海外ではもっと施術数が多く、視力矯正の主流とされています。


レーシック(近視レーザー手術)眼科 紹介

神奈川クリニック
東京・大阪・名古屋 詳細 予約 資料請求
神奈川クリニック眼科は世界最高性能といわれているレーザー「コンチェルト」で世界一の症例数を誇っている眼科です。遠方交通費補助や公式HPに割引クーポンページがあるので、印刷して持っていけば、手術費用がキャンペーン価格よりさらに10,000円の割引になります。

品川近視クリニック
東京・大阪・名古屋 詳細 予約 資料請求
品川近視クリニックは症例数21万5484件(2008年1月31日現在)でイントラレース世界トップクラスです。また3年連続イントラレース賞を受賞している優秀な眼科です。遠方の方の交通費補助制度あり。適応検査無料です。

錦糸眼科
札幌・東京・大阪・名古屋・福岡 詳細 予約 資料請求
錦糸眼科は2003年にアジア圏で初めてイントラレーシックを実施した認定施設です。近代的な院内には世界でも有数の高性能レーザー機器が装備され、先端レーザーテクノロジーで治療を行っています。