視力と眼球のしくみ

レーシックとは直接関係ありませんが、視力と眼球の優れた仕組みが映し出す私たちの視界について説明します。


視力低下や視力矯正について知るためにも、視力と眼球の仕組みを知っておきましょう。

まず、目の表面にある”角膜”という膜と、黒目の後ろにある”水晶体”というレンズ状の皿が、私たちの目に映るものを捉えます。眼球は、ガラスのような物質でできており、そこで目に映る物は屈折現象を起こします。(屈折というと難しくなりますが、水やガラスを光が透過すると、光が角度をつけて曲がる現象と同じです。)この屈折現象によって、私たちが目で捉えた物は、眼球の一番奥の”網膜”という場所で、上下左右反転して映ることになります。そこで脳が、反転した映像をさらに反転させて認識してくれます。つまり、私たちが見ている景色は、二回反転されて、正しく脳に認識される仕組みなのです。

また、光がまぶしい場合には眼球に入ってくる光の量を調節してくれたり、見たい物をくっきりと見るためにピント調節を行ったり、目は自動的にカメラでいう”絞り”や”オートフォーカス”機能を行ってくれているのです。

これらの機能が正常な場合、私たちの目は目に映るものを正常に捉えてくれるのですが、ひとたびこの機能が狂ってしまうと自然に回復することが難しいので、視力矯正が必要になってくるというわけです。

視力矯正するには、これらの機能を人為的に修復(視力矯正手術)するか、もしくは視力修正グッズ(コンタクトレンズ・メガネ)の助けを借りることが必要になってきます。視界を鮮明に、毎日を快適に過ごすためには、なんらかの視力矯正が欠かせません。

視力矯正も、テクノロジーの進化に助けられる時代。すばらしい最先端技術です。


レーシック(近視レーザー手術)眼科 紹介

神奈川クリニック
東京・大阪・名古屋 詳細 予約 資料請求
神奈川クリニック眼科は世界最高性能といわれているレーザー「コンチェルト」で世界一の症例数を誇っている眼科です。遠方交通費補助や公式HPに割引クーポンページがあるので、印刷して持っていけば、手術費用がキャンペーン価格よりさらに10,000円の割引になります。

品川近視クリニック
東京・大阪・名古屋 詳細 予約 資料請求
品川近視クリニックは症例数21万5484件(2008年1月31日現在)でイントラレース世界トップクラスです。また3年連続イントラレース賞を受賞している優秀な眼科です。遠方の方の交通費補助制度あり。適応検査無料です。

錦糸眼科
札幌・東京・大阪・名古屋・福岡 詳細 予約 資料請求
錦糸眼科は2003年にアジア圏で初めてイントラレーシックを実施した認定施設です。近代的な院内には世界でも有数の高性能レーザー機器が装備され、先端レーザーテクノロジーで治療を行っています。