PRK(ピーアールケー)

PRK(ピーアールケー)手術についての解説です。レーシックとPRK(ピーアールケー)の違いは何なのでしょうか。


PRK(ピーアールケー/Photorefractive Keratectomy)とは、『角膜表層切開手術』のことで、レーシックと同じく、角膜をレーザーによって削る視力矯正手術のひとつです。レーシック手術との違いは、フラップ(角膜表面を蓋(フタ)状に削ったもの)を形成しないこと。直接、角膜の表面にレーザーを照射し、角膜上皮を蒸発させて除去、目の表面に人為的にレンズを形成します。術後は保護用のコンタクトレンズを装用し、角膜上皮が再生する約3日後に外します。この手術は、近視・遠視・乱視のどの症例でも可能です。ただし、強度の近視の場合はPRK手術に適さないため、レーシック手術をお勧めします。

角膜の厚みが足りない方や、格闘技など眼球を圧迫するおそれのある方は、レーシック手術よりもこのPRK手術が適しています(※PRK手術については、《眼科松原クリニック》が日本一の手術実績を誇りますのでお勧めです)。フラップがズレる心配もなく、フラップ形成失敗などのおそれもありません。手術中もレーシックと同じくほぼ無痛です。

ただし、術後の視力回復がレーシックに比べて時間がかかることや、術後の痛みが強いことがデメリットに挙げられます。治療後は、レーシックのようにすぐに日常に戻ることが難しく、数日間の休養を要します。また、PRK手術は片目ずつの手術になります。一度に両目の手術はできません。

現在の視力矯正手術のメインはレーシック手術とされていますが、個々の症例によっては、レーシックよりもPRK手術が適する場合もあります。主治医と相談の上、慎重に自分の目に合う手術法を選択しましょう。


レーシック(近視レーザー手術)眼科 紹介

神奈川クリニック
東京・大阪・名古屋 詳細 予約 資料請求
神奈川クリニック眼科は世界最高性能といわれているレーザー「コンチェルト」で世界一の症例数を誇っている眼科です。遠方交通費補助や公式HPに割引クーポンページがあるので、印刷して持っていけば、手術費用がキャンペーン価格よりさらに10,000円の割引になります。

品川近視クリニック
東京・大阪・名古屋 詳細 予約 資料請求
品川近視クリニックは症例数21万5484件(2008年1月31日現在)でイントラレース世界トップクラスです。また3年連続イントラレース賞を受賞している優秀な眼科です。遠方の方の交通費補助制度あり。適応検査無料です。

錦糸眼科
札幌・東京・大阪・名古屋・福岡 詳細 予約 資料請求
錦糸眼科は2003年にアジア圏で初めてイントラレーシックを実施した認定施設です。近代的な院内には世界でも有数の高性能レーザー機器が装備され、先端レーザーテクノロジーで治療を行っています。