メガネの選び方

メガネは顔の一部です。よりよいメガネ選びについて解説しています。レーシックとは関係ありませんが予備知識としてどうぞ。


『メガネは顔の一部』といわれるほど、大切なパーツです。視力矯正目的と同時に、ファッション性も兼ねているメガネ。メガネは決して安い買い物ではありません。慎重にセレクトしたいところです。

では、メガネ選びにあたって、どんな点に気をつければいいのでしょう?

【自分に合ったメガネ選びとは?】

☆顔の輪郭とフレームの相性

基本的に、顔の輪郭と同じ形のフレームは避けましょう。たとえば、丸顔の方は丸フレームを避ける、角ばった輪郭の方はスクエアフレームを避ける、といった具合です。

しかし、面長を隠したい方は、顔の縦面積を減らすため、縦幅のあるフレームを選ぶとよいでしょう。逆に、顔の短さをカバーしたい方なら、縦幅の短いフレームがお勧めです。

☆フレームフィッティング・レンズサイズ

フィット感は重要ポイントです。デザインよりも大事なところです。まず、かけてみて、テンプル(つる)が耳に届いているか、またフレームが顔からはみ出していないかが基本的なチェックポイントです。そして、レンズのサイズも重要です。レンズの中心、もしくは少し内寄りに黒目の中心がくるのがベストです。レンズサイズが合わない場合、実際よりも寄り目や離れ目に見せてしまう可能性があります。

☆フレームラインによるイメージ

直線的なフレームには顔の引き締め効果が、曲線的なフレームには顔を穏やかに見せる効果があります。ノンフレームは、知的な印象を与えます。


メガネは視力矯正の道具というよりも、いまやファッション感覚のアクセサリーに近いものがあります。しかし、「どうしてもメガネが似合わない」と敬遠される方は、コンタクトや手術による視力矯正が良いでしょう。


レーシック(近視レーザー手術)眼科 紹介

神奈川クリニック
東京・大阪・名古屋 詳細 予約 資料請求
神奈川クリニック眼科は世界最高性能といわれているレーザー「コンチェルト」で世界一の症例数を誇っている眼科です。遠方交通費補助や公式HPに割引クーポンページがあるので、印刷して持っていけば、手術費用がキャンペーン価格よりさらに10,000円の割引になります。

品川近視クリニック
東京・大阪・名古屋 詳細 予約 資料請求
品川近視クリニックは症例数21万5484件(2008年1月31日現在)でイントラレース世界トップクラスです。また3年連続イントラレース賞を受賞している優秀な眼科です。遠方の方の交通費補助制度あり。適応検査無料です。

錦糸眼科
札幌・東京・大阪・名古屋・福岡 詳細 予約 資料請求
錦糸眼科は2003年にアジア圏で初めてイントラレーシックを実施した認定施設です。近代的な院内には世界でも有数の高性能レーザー機器が装備され、先端レーザーテクノロジーで治療を行っています。