近視大国日本、なぜ?

近視大国日本。なるべく目に優しい暮らしを目指したいものですね。


近視大国と呼ばれるほど、近視の人口の多い日本。とりわけ先進国の生活が、近視人口の増加を助長しているのはいうまでもありません。IT化によるパソコンの普及、AV機器の進歩、TVゲームで遊ぶ子供たち・・・。さまざまな要因があいまって、先進国の視力低下は近年ますます深刻になりつつあります。日本の高校生の実に半数以上が、なんらかの視力矯正を施さなくてはならないレベルにまで近視が進行しているのです。

そこで、彗星のように登場したのがレーシックなどの視力矯正手術。レーシックをいち早く取り入れたアメリカでも、近視による視力低下が年々進んでいます。現在、アメリカでは年間のレーシック手術件数は100万人をゆうに超えるほど。その普及ぶりは他国の追随を許しません。

裸眼視力のまま生活できるのが望ましいとはいえ、日本では子供の受験戦争や漫画文化の普及など、IT化以外にもたくさんの視力低下原因が考えられます。また、割合的に少ないとはいえ、遺伝的要素も視力低下の一因です。

TVからは3メートル以上、パソコン画面からは30センチ以上離れなければならない決まりですが、これを守れている人は全人口中、何%くらいなのでしょうか。また、TVゲームもネットも、いったん始めるとなかなか区切りがつかずだらだらと続けてしまうものです。いくら視力矯正方法が発達したからといって、裸眼視力の低下を看過するべきではないのです。

まずは、今以上に視力低下を招かないよう、目にやさしい暮らしとは何かを考えてみたいものですね。


レーシック(近視レーザー手術)眼科 紹介

神奈川クリニック
東京・大阪・名古屋 詳細 予約 資料請求
神奈川クリニック眼科は世界最高性能といわれているレーザー「コンチェルト」で世界一の症例数を誇っている眼科です。遠方交通費補助や公式HPに割引クーポンページがあるので、印刷して持っていけば、手術費用がキャンペーン価格よりさらに10,000円の割引になります。

品川近視クリニック
東京・大阪・名古屋 詳細 予約 資料請求
品川近視クリニックは症例数21万5484件(2008年1月31日現在)でイントラレース世界トップクラスです。また3年連続イントラレース賞を受賞している優秀な眼科です。遠方の方の交通費補助制度あり。適応検査無料です。

錦糸眼科
札幌・東京・大阪・名古屋・福岡 詳細 予約 資料請求
錦糸眼科は2003年にアジア圏で初めてイントラレーシックを実施した認定施設です。近代的な院内には世界でも有数の高性能レーザー機器が装備され、先端レーザーテクノロジーで治療を行っています。