レーシック手術の流れ

レーシック手術の詳しい内容と、その流れについて。レーシックはどのような流れで手術をおこなうのでしょうか。


レーシック手術の流れをくわしくみていきましょう。


@点眼麻酔

目薬タイプの麻酔をします。病院によっては、視界を悪くして恐怖心を取り除くため、緑色や青色など色つきの点眼麻酔薬を使用するところもあります。麻酔薬なので、少し刺激があります。

Aフラップ形成

目のまわりを消毒したあと、マイクロケラトームという機器で目の表層(=角膜上皮+ボーマン層)を薄く蓋(フタ)の形状にカット。この蓋(フタ)部分を”フラップ”と呼びます。眼球とフラップは、完全に切り離さず、わずかに繋がっている状態です。

Bエキシマレーザー処置

フラップをめくった部分をレーザー照射し、眼球表面の曲率(カーブ)を変化させます。これによって、眼球の中の光の屈折率を変化させることができます。ここが視力矯正段階です。

Cフラップを元に戻す

めくったフラップを被せて元に戻します。フラップが目と癒着するまで待ちます。この間、細菌などが入らぬよう、抗生剤を点眼しておきます。


これで、レーシック手術は完了です。

所要時間(麻酔や消毒、術後ケアすべて含む)は、

・片目の場合→10〜15分
・両目の場合→20〜30分

と、超短時間の手術となります。手術そのものの時間はわずか数分、レーザー照射時間は数十秒に過ぎません。緊張しすぎると手術を実際より長く感じるようですが、現実には所要時間はこんなものなのです。こんな短時間で視力矯正ができるなんて、夢のような話ですね。


レーシック(近視レーザー手術)眼科 紹介

神奈川クリニック
東京・大阪・名古屋 詳細 予約 資料請求
神奈川クリニック眼科は世界最高性能といわれているレーザー「コンチェルト」で世界一の症例数を誇っている眼科です。遠方交通費補助や公式HPに割引クーポンページがあるので、印刷して持っていけば、手術費用がキャンペーン価格よりさらに10,000円の割引になります。

品川近視クリニック
東京・大阪・名古屋 詳細 予約 資料請求
品川近視クリニックは症例数21万5484件(2008年1月31日現在)でイントラレース世界トップクラスです。また3年連続イントラレース賞を受賞している優秀な眼科です。遠方の方の交通費補助制度あり。適応検査無料です。

錦糸眼科
札幌・東京・大阪・名古屋・福岡 詳細 予約 資料請求
錦糸眼科は2003年にアジア圏で初めてイントラレーシックを実施した認定施設です。近代的な院内には世界でも有数の高性能レーザー機器が装備され、先端レーザーテクノロジーで治療を行っています。