レーシックの適用保険

レーシックをさらに安くおこなうために。レーシックの適用保険、医療控除についての解説です。


「もっと格安でレーシックしたい!!」

というわけで、レーシックと適用保険、医療控除についての情報です。


【レーシック手術をさらにお得に】

◆医療費控除(※親族の年間医療費が計10万円超の場合)

1年間(※1〜12月)の間の1生計内親族の医療費が計10万円を超えた場合、確定申告によって10万円超過分が還付される制度のこと(例:年間のご家族内の医療費が15万円だった場合、5万円が返金される)。★レーシック手術の領収書が必要となります。

◆手術給付金

生命保険、医療保険に加入している場合、各個の契約内容に応じた給付金が支払われる場合があります。手術を受けた病院にて、手術給付金申請用診断書を発行してもらい、保険請求の手続きをします。※手続きを忘れると給付されません。自己申告を忘れないようにしましょう。※保険会社へのお問い合わせの際は、『レーザー角膜屈折矯正手術』という名称を告げてください。

給付金額は、契約内容によるため一概に決まっていませんが、平均して約5〜10万円の給付が予想されます。※加入している保険約款(やっかん)を熟読下さい。各保険会社によって、適用除外などの場合もありますので、詳しくは保険会社へのお問い合わせをお勧めします。


適用できる保険や控除は最大限に活用し、できるかぎり出費を抑えたレーシックをめざしましょう!


レーシック(近視レーザー手術)眼科 紹介

神奈川クリニック
東京・大阪・名古屋 詳細 予約 資料請求
神奈川クリニック眼科は世界最高性能といわれているレーザー「コンチェルト」で世界一の症例数を誇っている眼科です。遠方交通費補助や公式HPに割引クーポンページがあるので、印刷して持っていけば、手術費用がキャンペーン価格よりさらに10,000円の割引になります。

品川近視クリニック
東京・大阪・名古屋 詳細 予約 資料請求
品川近視クリニックは症例数21万5484件(2008年1月31日現在)でイントラレース世界トップクラスです。また3年連続イントラレース賞を受賞している優秀な眼科です。遠方の方の交通費補助制度あり。適応検査無料です。

錦糸眼科
札幌・東京・大阪・名古屋・福岡 詳細 予約 資料請求
錦糸眼科は2003年にアジア圏で初めてイントラレーシックを実施した認定施設です。近代的な院内には世界でも有数の高性能レーザー機器が装備され、先端レーザーテクノロジーで治療を行っています。