レーシックの手術後の見え方

レーシック手術のあと、視界はどうなる?視力はいつ戻る?


レーシック手術後、視界はどんな見え方をするのでしょうか?視力の戻りについてはどうでしょうか?

これは人によりけりですが、術後すぐに回復する人や、翌日に回復する人、1週間くらいかけて徐々に回復する人などさまざまです。ただ、視界の安定についてはなんとも言えず、ドライアイによってしばらくの間は視界がクリアでなかったり、まぶしさを感じたり、視界に霧(きり)がかかったように見えたりするケースもあるため、一概には言えません。また、物が二重に見えたり、光の輪郭がぼんやり見えたりする現象も起こると言われています。

そのためにも、術後の経過観察は重要です。見えるようになったからといって、通院を途中でやめてしまう人も多いようですが、これは危険です。合併症などの検査のためにも、主治医の指示に従って、定期健診は欠かさないようにしましょう。

運転など、視力に関わる作業などは、個人差がありますが1週間から1ヶ月くらいは控えた方がよいでしょう。レーシック手術後、見え方が安定するまでは、目の酷使は控えましょう。視力とは、1日のうちでも変動するものです。疲れ目のときなどは、視力が一時的に下がる場合もありますので、術後は目をできるだけ使わず、安静に保ちましょう。


レーシック(近視レーザー手術)眼科 紹介

神奈川クリニック
東京・大阪・名古屋 詳細 予約 資料請求
神奈川クリニック眼科は世界最高性能といわれているレーザー「コンチェルト」で世界一の症例数を誇っている眼科です。遠方交通費補助や公式HPに割引クーポンページがあるので、印刷して持っていけば、手術費用がキャンペーン価格よりさらに10,000円の割引になります。

品川近視クリニック
東京・大阪・名古屋 詳細 予約 資料請求
品川近視クリニックは症例数21万5484件(2008年1月31日現在)でイントラレース世界トップクラスです。また3年連続イントラレース賞を受賞している優秀な眼科です。遠方の方の交通費補助制度あり。適応検査無料です。

錦糸眼科
札幌・東京・大阪・名古屋・福岡 詳細 予約 資料請求
錦糸眼科は2003年にアジア圏で初めてイントラレーシックを実施した認定施設です。近代的な院内には世界でも有数の高性能レーザー機器が装備され、先端レーザーテクノロジーで治療を行っています。