レーシックによる視力回復

レーシック手術で、どのくらい視力が回復するのか。


レーシックによる視力矯正では、視力回復が早いことが大きなメリットとされています。では、どういった症状がどのくらい視力矯正できるのかを見ていきましょう。


◆視力が1,0以上までに回復した症例

☆軽度の近視(屈折度数が−6以上)・・・回復率99%

☆中度の近視(屈折度数が−6〜−10)・・・回復率97%

☆強度の近視(屈折度数が−10以上)・・・回復率85%

☆軽度の遠視(屈折度数が+4以下)・・・回復率99%


やはり、近視・遠視ともに軽度であればあるほど、視力回復率が高いことがうかがえます。


どんな視力矯正法であれ、視力が1,0以上あれば、充分快適に日常生活が送れるとされています。たとえばメガネやコンタクトレンズでも、たいていの場合、視力矯正度合いは1,2程度に抑えるようにしています。視力1,5や2,0という数字にこだわる必要はありません。仕事に必要などの理由で高い視力矯正を求められる場合以外は、視力1,0以上で事足りるでしょう。

以上のように、高い視力回復率と安全性を持つレーシック手術。術後の痛みもほとんどなく、患者の体への負担も少ないのが大きな特長であるといえるでしょう。ことに近年のレーシック技術や手術機器の進歩はめざましく、今後、上記の回復率を超える数字になっていくことは間違いありません。


レーシック(近視レーザー手術)眼科 紹介

神奈川クリニック
東京・大阪・名古屋 詳細 予約 資料請求
神奈川クリニック眼科は世界最高性能といわれているレーザー「コンチェルト」で世界一の症例数を誇っている眼科です。遠方交通費補助や公式HPに割引クーポンページがあるので、印刷して持っていけば、手術費用がキャンペーン価格よりさらに10,000円の割引になります。

品川近視クリニック
東京・大阪・名古屋 詳細 予約 資料請求
品川近視クリニックは症例数21万5484件(2008年1月31日現在)でイントラレース世界トップクラスです。また3年連続イントラレース賞を受賞している優秀な眼科です。遠方の方の交通費補助制度あり。適応検査無料です。

錦糸眼科
札幌・東京・大阪・名古屋・福岡 詳細 予約 資料請求
錦糸眼科は2003年にアジア圏で初めてイントラレーシックを実施した認定施設です。近代的な院内には世界でも有数の高性能レーザー機器が装備され、先端レーザーテクノロジーで治療を行っています。