レーシックのデメリット

レーシックはメリットが非常に多いですが、レーシックにはデメリットもあります。しっかりデメリットも把握しておきましょう。


メリットが非常に多く、デメリットの非常に少ない視力矯正法、レーシック。とはいえ、外科手術において、まったくデメリットのない手術はこの世に存在しません。いくらわずかなリスクであっても、そのリスク内容はどのようなものなのか、手術を検討する前にきちんと把握する必要があります。

★レーシック手術の精度

全自動の手術機器を備えた病院もたくさんあるとはいえ、最終的に機器を動かすのは人間です。眼科医としての専門知識や技術、手術経験などが豊富な医師選びが、手術の成功のカギを握っていると言えるでしょう。角膜を薄く削るという手術なので、わずかではあっても目にキズをつけることには変わりありません。また、万が一削る厚みを誤れば、元に戻すことは不可能な手術です。確かな実績をお持ちの眼科医に執刀してもらうのが、レーシック手術のリスクを最小限に抑えることになります。

★レーシック術後の感染症

これは、きちんと術後に定期健診を行っていれば心配のないリスクですが、本人が目のトラブルに気が付かないまま通院もなしに放っておいたりすると、後々傷口から細菌が入り込み、眼病になってしまう可能性も。

★レーシック術後の経過

これらは術後しばらくはやむを得ない、誰にでも起こりうる症状です。

・ドライアイ(目の乾燥感)
・しゅう明感(光をまぶしく感じる)
・充血、涙目
・物の輪郭がぼやける
・物が二重に見える 等


ノーリスクでレーシック手術を受けることはできません。しかし、ハイリターンの手術ではあります。さまざまな視力矯正法の中で、どの方法を選ぶかは、ご自身の判断によります。あらゆる観点からの手術のご検討をお勧めします。


レーシック(近視レーザー手術)眼科 紹介

神奈川クリニック
東京・大阪・名古屋 詳細 予約 資料請求
神奈川クリニック眼科は世界最高性能といわれているレーザー「コンチェルト」で世界一の症例数を誇っている眼科です。遠方交通費補助や公式HPに割引クーポンページがあるので、印刷して持っていけば、手術費用がキャンペーン価格よりさらに10,000円の割引になります。

品川近視クリニック
東京・大阪・名古屋 詳細 予約 資料請求
品川近視クリニックは症例数21万5484件(2008年1月31日現在)でイントラレース世界トップクラスです。また3年連続イントラレース賞を受賞している優秀な眼科です。遠方の方の交通費補助制度あり。適応検査無料です。

錦糸眼科
札幌・東京・大阪・名古屋・福岡 詳細 予約 資料請求
錦糸眼科は2003年にアジア圏で初めてイントラレーシックを実施した認定施設です。近代的な院内には世界でも有数の高性能レーザー機器が装備され、先端レーザーテクノロジーで治療を行っています。