コンタクトレンズの特性

コンタクトレンズはお手軽にできる視力矯正法です。レーシックとは直接関係ありませんが、ここではコンタクトレンズの特性を紹介します。


コンタクトレンズとは、”視力矯正を目的とする高度医療管理機器”です。コンタクトレンズという名称は、眼球に直接触れるという意味の英語の《contact(接触する)》に由来します。材質はおもに透明プラスチック製で、角膜(黒目)の表面に乗せることで視力矯正することができます。正確には、”目に乗せる”というよりも、”涙の上に浮かべる”という表現が的確でしょう。眼鏡に比べて、視界にゆがみが少なく、ナチュラルな見え方なのが特長です。

黒目の動きと連動しているコンタクトレンズは、視界のすみずみまでしっかりと見渡すことができ、視野が広いため、スポーツなどにも最適です。眼鏡のようにフレームが視界をさえぎったり、レンズが曇ったりすることもなく、顔のイメージを変えることもないので、審美性にも長けているといえます。

指先に乗せると、眼球のカーブに沿っておわん型をしているのがわかります。眼球のカーブ(=ベースカーブ、略してBC)は人によって違うため、購入の際はベースカーブ(BC)の数値に気をつけなければなりません。たとえ度数が同じコンタクトレンズでも、ベースカーブ(BC)が違う場合は他人に譲渡してはいけません。ベースカーブが眼球に合っていないと、眼球に密着せず落としてしまったり、角膜に傷が付いたりしてしまうおそれがあります。


コンタクトレンズによる視力矯正はもはや一般的なものとなりましたが、レーシックなどの視力矯正手術の普及により、視力矯正法の中での今後の位置づけは変わっていくと予想されます。


レーシック(近視レーザー手術)眼科 紹介

神奈川クリニック
東京・大阪・名古屋 詳細 予約 資料請求
神奈川クリニック眼科は世界最高性能といわれているレーザー「コンチェルト」で世界一の症例数を誇っている眼科です。遠方交通費補助や公式HPに割引クーポンページがあるので、印刷して持っていけば、手術費用がキャンペーン価格よりさらに10,000円の割引になります。

品川近視クリニック
東京・大阪・名古屋 詳細 予約 資料請求
品川近視クリニックは症例数21万5484件(2008年1月31日現在)でイントラレース世界トップクラスです。また3年連続イントラレース賞を受賞している優秀な眼科です。遠方の方の交通費補助制度あり。適応検査無料です。

錦糸眼科
札幌・東京・大阪・名古屋・福岡 詳細 予約 資料請求
錦糸眼科は2003年にアジア圏で初めてイントラレーシックを実施した認定施設です。近代的な院内には世界でも有数の高性能レーザー機器が装備され、先端レーザーテクノロジーで治療を行っています。