コンタクトレンズ・ハードとソフト

コンタクトレンズはソフト・ハードタイプに大別されます。それぞれのタイプのコンタクトレンズの特長を解説します。


ここでは、視力矯正用のコンタクトレンズについて取り上げていきます。


コンタクトレンズは、前述のとおり、ハードコンタクトレンズとソフトコンタクトレンズに大別されます。

【ハードコンタクトレンズ】

ハードタイプは直径が約8〜9mmと黒目よりも小さく、水を含まない硬い材質で出来ており、まばたきとともに眼球の表面を自在に上下します。初めて装用する際は、数週間ほど違和感やゴロつきなどの不快症状を訴える場合が多いようです。しかし、慣れてくれば違和感は収まり、取り扱いはソフトタイプよりも楽で、酸素透過率も良いとされています。ただし、汚れが付着しやすく、レンズ寿命はソフトタイプよりも短いといえるでしょう。また、レンズが硬質なため、目の中で破損すると危険です。激しいスポーツをする場合は、やわらかく割れるおそれのないソフトタイプがお勧めです。

【ソフトコンタクトレンズ】

ハードタイプよりも装用感が良く、初めて装用する際でも違和感はほとんど感じません。材質はやわらかく、直径は約13〜14mmと黒目よりも確実に大きく、眼球への密着度が高いコンタクトレンズです。そのため、ハードタイプにようにズレることがほとんどありません。レンズの水分含有量が多く、涙となじみやすいため、快適に装用できる一方で、繊細な作りのため、取り扱いには充分な注意が必要です。また、こまめな洗浄も不可欠です。洗浄を怠った場合、ハードレンズよりも重大な眼病を引き起こす可能性が高いとされています。レンズは常に衛生的に保つよう心がけましょう。


どちらのタイプのコンタクトレンズも、視力矯正器具として大変便利で、じゅうぶんに質の良い視力を得られます。自分のライフスタイルや、装用感などから、より適するタイプのコンタクトを選びましょう。


レーシック(近視レーザー手術)眼科 紹介

神奈川クリニック
東京・大阪・名古屋 詳細 予約 資料請求
神奈川クリニック眼科は世界最高性能といわれているレーザー「コンチェルト」で世界一の症例数を誇っている眼科です。遠方交通費補助や公式HPに割引クーポンページがあるので、印刷して持っていけば、手術費用がキャンペーン価格よりさらに10,000円の割引になります。

品川近視クリニック
東京・大阪・名古屋 詳細 予約 資料請求
品川近視クリニックは症例数21万5484件(2008年1月31日現在)でイントラレース世界トップクラスです。また3年連続イントラレース賞を受賞している優秀な眼科です。遠方の方の交通費補助制度あり。適応検査無料です。

錦糸眼科
札幌・東京・大阪・名古屋・福岡 詳細 予約 資料請求
錦糸眼科は2003年にアジア圏で初めてイントラレーシックを実施した認定施設です。近代的な院内には世界でも有数の高性能レーザー機器が装備され、先端レーザーテクノロジーで治療を行っています。