コンタクトレンズのデメリット

メリットがいっぱいのコンタクトレンズ。実はコンタクトレンズのデメリットもあります。もしかしてレーシックのほうが良い?


コンタクトレンズのデメリットの中には、注意深く取り扱っていれば避けられるものもあります。コンタクトレンズの利便性ばかりに目を向けず、デメリットやその怖さもきちんと知っておく必要があります。

【コンタクトレンズとは、目に異物を入れること】

コンタクトレンズは、われわれ人間の生体内のものではありません。まったくの異物です。ただ、眼球表面の涙に浮かべるという質のものであるので、拒絶反応こそ起こりませんが、やはり裸眼やメガネに比べると不自然な状態といわざるを得ません。
そして、やはり裸眼やメガネに比べると、角膜からの酸素供給が不足する傾向にあります。そもそも、レンズ自体が眼球に密着しているため、レンズと眼球の間で細菌が増殖しやすくなっているのです。また、涙の分泌も減るため、眼球表面の汚れがとどまり続けることになります。つまり、眼球の自浄作用が低下してしまうというわけです。

また、ハードコンタクトレンズとなると、眼球に傷が入った場合のダメージは大きく、裸眼やメガネに比べると危険度が高いといえます。ソフトコンタクトレンズでも、やわらかい材質だからといって、眼球に傷ができないわけではありません。むしろ、そのやわらかさのために油断してしまい、かえってハードコンタクトレンズよりも細かい無数の傷が入っていることも。自分で気付くことのできない傷は、放置されるパターンが多く、気付いたときには深刻な病状になっているケースもあります。その点では、傷ついたときに激しく痛みを感じるハードコンタクトのほうが、目に対して敏感になるため良いという意見もあります。

コンタクトレンズによる目の傷よりも、視力矯正手術レーシックによる傷のほうが浅いといわれています。目の傷が気になる方は、視力矯正手術の検討をお勧めします。


レーシック(近視レーザー手術)眼科 紹介

神奈川クリニック
東京・大阪・名古屋 詳細 予約 資料請求
神奈川クリニック眼科は世界最高性能といわれているレーザー「コンチェルト」で世界一の症例数を誇っている眼科です。遠方交通費補助や公式HPに割引クーポンページがあるので、印刷して持っていけば、手術費用がキャンペーン価格よりさらに10,000円の割引になります。

品川近視クリニック
東京・大阪・名古屋 詳細 予約 資料請求
品川近視クリニックは症例数21万5484件(2008年1月31日現在)でイントラレース世界トップクラスです。また3年連続イントラレース賞を受賞している優秀な眼科です。遠方の方の交通費補助制度あり。適応検査無料です。

錦糸眼科
札幌・東京・大阪・名古屋・福岡 詳細 予約 資料請求
錦糸眼科は2003年にアジア圏で初めてイントラレーシックを実施した認定施設です。近代的な院内には世界でも有数の高性能レーザー機器が装備され、先端レーザーテクノロジーで治療を行っています。