遠視のしくみ

遠視は近視よりも日常生活に支障をきたします。そのことについて説明します。


遠視とは、前出の近視と逆の異常で、遠くのものがくっきりと見えるのに対し、近くのものがぼんやりと見える状態です。原因はさまざまですが、後天的な遠視はどちらかというと、若年層よりも老齢期によくみられる異常で、とりわけ60歳以上の年齢の遠視の場合、老化によるピント調節機能の低下が要因とされています。こちらも近視と同じく眼病ではありませんので、視力矯正器具による矯正が可能です。

遠視は、目に映るものを眼球内で反転させる位置が、通常よりも奥のほうで行われている状態です。赤ちゃんはもともと遠視に生まれついており、眼球の成長にともなって徐々に正視(=近視でも遠視でもない、ピント調節が正しく行われている正常な視力のこと)になっていきます。ところが、何らかの原因で赤ちゃんのときの遠視を引きずったまま成長すると、先天的な遠視状態となってしまうこともあります。先天的な遠視の場合、目に映るものを脳に投影させる能力が落ちてしまったり、近くのものが見づらいために日常生活に差し支えたりすることもありますので、早めの視力矯正処置が必要となります。

小児の遠視は明らかに先天的要素が多く、本人の自覚もないまま成長する場合があるため、周囲が注意して処置を施すことが必要です。また、目の機能自体の欠損や異常による場合は、適切な処置を行わなければ、強度の遠視となるおそれもあります。

成人の遠視は、新聞や本などの細かい文字が見づらいために、著しく生活に支障をきたします。視力矯正は、快適な毎日を過ごすために必須といえるでしょう。


レーシック(近視レーザー手術)眼科 紹介

神奈川クリニック
東京・大阪・名古屋 詳細 予約 資料請求
神奈川クリニック眼科は世界最高性能といわれているレーザー「コンチェルト」で世界一の症例数を誇っている眼科です。遠方交通費補助や公式HPに割引クーポンページがあるので、印刷して持っていけば、手術費用がキャンペーン価格よりさらに10,000円の割引になります。

品川近視クリニック
東京・大阪・名古屋 詳細 予約 資料請求
品川近視クリニックは症例数21万5484件(2008年1月31日現在)でイントラレース世界トップクラスです。また3年連続イントラレース賞を受賞している優秀な眼科です。遠方の方の交通費補助制度あり。適応検査無料です。

錦糸眼科
札幌・東京・大阪・名古屋・福岡 詳細 予約 資料請求
錦糸眼科は2003年にアジア圏で初めてイントラレーシックを実施した認定施設です。近代的な院内には世界でも有数の高性能レーザー機器が装備され、先端レーザーテクノロジーで治療を行っています。