乱視のしくみ

乱視は近視・遠視との区別がつきにくいと言われています。レーシックとは直接関係ありませんが、ここでは乱視について少し説明したいと思います。


乱視になると、物が二重に重なって見えたり、輪郭がにじんで見えたりします。原因は、通常円形をしている角膜(目の表面の膜)が、楕円形(横長の円形)にゆがんでしまうこと。角膜は、誰もが完全な円形をしているわけではなく、多少は皆、乱視の気を持っているもの。軽度では気付かないことも多く、とくに気にする必要はありません。ただ、重度になることで、日常生活に支障をきたすほどの不快さにみまわれます。その場合、乱視専用の視力矯正コンタクトレンズ・メガネで視力を補正する必要があります。

乱視は、軽度のうちは近視に似た症状を呈することが多く、近視と間違われることもありますが、乱視が進行すると遠くも見づらくなり、そこで初めて乱視だと気付くケースも。

乱視になりやすいのは、対象物が見づらい場合によく目を細めている方です。角膜や眼球に負荷がかかるために、ゆがみを生じ、乱視になってしまうというわけです。また、かすみ目が気になる方、角膜炎や結膜炎などの眼病をお持ちの方、逆まつげの方、遺伝的に乱視家系の方などが乱視になりやすい要因を持っています。取り除ける原因は取り除くべく、パソコンの凝視や角膜に傷のつくような行為は避けなければなりません。

乱視のみが視力低下の原因になっていることは稀(まれ)で、近視・遠視の合併から視力低下を招いていることが多いようです。自分で乱視や近視・遠視を区別することは難しいので、眼科で角膜や眼球のゆがみを診てもらい、適切な視力矯正法を教えてもらいましょう。


レーシック(近視レーザー手術)眼科 紹介

神奈川クリニック
東京・大阪・名古屋 詳細 予約 資料請求
神奈川クリニック眼科は世界最高性能といわれているレーザー「コンチェルト」で世界一の症例数を誇っている眼科です。遠方交通費補助や公式HPに割引クーポンページがあるので、印刷して持っていけば、手術費用がキャンペーン価格よりさらに10,000円の割引になります。

品川近視クリニック
東京・大阪・名古屋 詳細 予約 資料請求
品川近視クリニックは症例数21万5484件(2008年1月31日現在)でイントラレース世界トップクラスです。また3年連続イントラレース賞を受賞している優秀な眼科です。遠方の方の交通費補助制度あり。適応検査無料です。

錦糸眼科
札幌・東京・大阪・名古屋・福岡 詳細 予約 資料請求
錦糸眼科は2003年にアジア圏で初めてイントラレーシックを実施した認定施設です。近代的な院内には世界でも有数の高性能レーザー機器が装備され、先端レーザーテクノロジーで治療を行っています。