老眼のしくみ

眼も視力矯正手術(レーシック)ができる時代に。


老眼、またの名を老視とも。

老眼も目の病気ではなく、老化現象の一種です。物を見るときに、ピント調節する機能や能力が衰えるために起こる症状で、若いうちから目の老化は進んでいるものの、老眼の症状を強く感じるのは40代以降と言われています。老化によって、水晶体(=眼球の中心を満たす水分とたんぱく質)の弾力が衰えるのがおもな原因のようです。

老眼の視力矯正は、老眼鏡で行うのが普通です。老化とともに涙量が減少するため、老眼の場合は近視・遠視と違い、視力矯正のためのコンタクトレンズはオススメできません。老眼鏡を使う以前から、近視、遠視、乱視などの症状をお持ちの方は、遠近両用メガネの使用が一般的です。

しかし、最近では、技術の進歩により、老眼の視力矯正手術の研究が欧米で進められています。遠近両用メガネは、老眼鏡の中でもっとも優れた構造ではありますが、場合によっては視野が狭くなるという障害も。メガネの装着が大変な方や、お年を召された方には、将来さらに研究が進むことによって、視力矯正手術はもっともメリットのある矯正方法になると言えそうです。

気をつけなければいけないことは、老眼の場合、緑内障や白内障を併発していないか、ということです。早期発見・早期治療が、老眼の進行防止にも繋がってきます。お年寄りの場合、定期的な眼科検診が早期発見の鍵となります。周囲の協力が欠かせませんので、注意深く見守っていくことが肝心です。


レーシック(近視レーザー手術)眼科 紹介

神奈川クリニック
東京・大阪・名古屋 詳細 予約 資料請求
神奈川クリニック眼科は世界最高性能といわれているレーザー「コンチェルト」で世界一の症例数を誇っている眼科です。遠方交通費補助や公式HPに割引クーポンページがあるので、印刷して持っていけば、手術費用がキャンペーン価格よりさらに10,000円の割引になります。

品川近視クリニック
東京・大阪・名古屋 詳細 予約 資料請求
品川近視クリニックは症例数21万5484件(2008年1月31日現在)でイントラレース世界トップクラスです。また3年連続イントラレース賞を受賞している優秀な眼科です。遠方の方の交通費補助制度あり。適応検査無料です。

錦糸眼科
札幌・東京・大阪・名古屋・福岡 詳細 予約 資料請求
錦糸眼科は2003年にアジア圏で初めてイントラレーシックを実施した認定施設です。近代的な院内には世界でも有数の高性能レーザー機器が装備され、先端レーザーテクノロジーで治療を行っています。