視力低下は年齢につれ

年齢を重ねると視力低下が進むことがあります。年齢とともに、視力低下はどんなふうに進むのか説明致します。


昔、視力低下は学校の勉強によって進み、その後、20歳頃までにストップすると言われていました。しかしIT化の進んだ現代、20歳を過ぎてもなお、視力低下が進むようになりました。

赤ちゃんの頃はほとんど見えていない目。そして、小学校に進学するころには1,0〜1,5くらいにまで発達する視力。しかし、その後は生活習慣や老化などにより、残念ながら視力は悪化の一途をたどります。小児のうちはどんなに目を酷使しても落ちなかった視力が、中学生前後の頃に突然落ち始めることはよくあります。

目から取り入れる情報量は膨大なもので、あまりにも視力が低下しすぎた場合、脳の発達に影響が及ぶ場合もあります。また、視力低下は、注意力散漫になりやすいなど、人格形成にも関わってくるとされています。そのため、とくに発育途上の子供の視力低下は深刻です。視力低下の程度によっては、視力矯正の必要が出てきます。小児のメガネによる視力矯正を避けたがるご両親も多くいらっしゃるようですが、子供のすこやかな成長には、物がはっきりと見えるだけの視力が必要不可欠です。メガネやコンタクトレンズによる視力矯正を避けたい場合は、レーシックなどの視力矯正手術という選択肢もあります。

年を経ると、老眼による視力低下が起きるようになります。これは、視力の調節機能が衰えてくるためで、老眼鏡による視力矯正を行っていても視力低下は進んでしまいます。

ただし、老眼の進行度合いは人によって大きく異なることから、日頃の生活習慣によって視力低下を遅らせることも可能です。老眼の進行防止に効くとされる成分は、ビタミンA・B、カロチン、タンパク質などです。食生活に意識的に取り入れて、すこやかな目を保ちましょう。

目は、その人の生活を映す鏡です。いつまでも輝く瞳のままでいられるよう、生活スタイルをしっかり見直しましょう。


レーシック(近視レーザー手術)眼科 紹介

神奈川クリニック
東京・大阪・名古屋 詳細 予約 資料請求
神奈川クリニック眼科は世界最高性能といわれているレーザー「コンチェルト」で世界一の症例数を誇っている眼科です。遠方交通費補助や公式HPに割引クーポンページがあるので、印刷して持っていけば、手術費用がキャンペーン価格よりさらに10,000円の割引になります。

品川近視クリニック
東京・大阪・名古屋 詳細 予約 資料請求
品川近視クリニックは症例数21万5484件(2008年1月31日現在)でイントラレース世界トップクラスです。また3年連続イントラレース賞を受賞している優秀な眼科です。遠方の方の交通費補助制度あり。適応検査無料です。

錦糸眼科
札幌・東京・大阪・名古屋・福岡 詳細 予約 資料請求
錦糸眼科は2003年にアジア圏で初めてイントラレーシックを実施した認定施設です。近代的な院内には世界でも有数の高性能レーザー機器が装備され、先端レーザーテクノロジーで治療を行っています。