ICRS(角膜内リング)

ICRS(角膜内リング)とは?この視力矯正手術に適した症状とは?


円錐角膜(※)の症状をお持ちの方や、軽度近視の方、また視力矯正手術後の角膜拡張症の方に適しているのが、このICRS(角膜内リング)です。

ICRS(アイ・シー・アール・エス/Intrastromal Corneal Ring Segmentsの略)とは、角膜の周辺部に合成樹脂リングを挿入することによって、角膜を放射状に引き伸ばし、角膜表面をできるだけ平らな状態に近づけ、視力矯正する方法です。リング挿入後の角膜を正面から見ると、半円弧状のリング2本が、『()』←このような形状で見てとれます。この手術のメリットは、角膜中央にまったく手をつけないため、質の良い視力が得られるということです。

(※)円錐角膜とは・・・角膜が薄くなり、角膜が前方へ突出する深刻な眼病です。横から見ると、角膜が三角形に尖った形になり、近視・不正乱視などを引き起こし、進行すると角膜混濁により角膜移植の必要が出てきます。このICRSによって、コンタクトやメガネによる視力矯正が可能となります。円錐角膜の場合は、ICRSによる視力矯正のみでは、充分な視力を得ることが難しいとされています。

円錐角膜の方の視力矯正法は、このICRSか、もしくはフェイキックIOL手術が適するとされていますが、患者の目の状態によって、より適切な手術方法を選択する必要があります。この見極めは、確かな技術を持つ眼科医が行うのがベストです。

挿入したリングは、外すと再び元の目の状態に戻すことができます。


レーシック(近視レーザー手術)眼科 紹介

神奈川クリニック
東京・大阪・名古屋 詳細 予約 資料請求
神奈川クリニック眼科は世界最高性能といわれているレーザー「コンチェルト」で世界一の症例数を誇っている眼科です。遠方交通費補助や公式HPに割引クーポンページがあるので、印刷して持っていけば、手術費用がキャンペーン価格よりさらに10,000円の割引になります。

品川近視クリニック
東京・大阪・名古屋 詳細 予約 資料請求
品川近視クリニックは症例数21万5484件(2008年1月31日現在)でイントラレース世界トップクラスです。また3年連続イントラレース賞を受賞している優秀な眼科です。遠方の方の交通費補助制度あり。適応検査無料です。

錦糸眼科
札幌・東京・大阪・名古屋・福岡 詳細 予約 資料請求
錦糸眼科は2003年にアジア圏で初めてイントラレーシックを実施した認定施設です。近代的な院内には世界でも有数の高性能レーザー機器が装備され、先端レーザーテクノロジーで治療を行っています。