眼球・ボーマン膜とは

角膜の外側から第二番目にある層、ボーマン膜とはどのようなものなのでしょうか?


角膜は、体表側から順に、5層(=@角膜上皮層Aボーマン膜B角膜実質層Cデスメ膜D角膜内皮層)で形成されています。そのうち、表皮側から2番目に位置する層、《Aボーマン膜》についての解説です。

ボーマン膜は、@の角膜上皮層のすぐ下に位置しています。ボーマン膜の役割は、角膜のカーブを維持すること、つまり強度を保つこととされています。そのため、ボーマン膜に切れ込みを入れる視力矯正法、レーシックの是非が問われる事態も起こっています。

また、レーシック以外の視力矯正手術(=表面照射手術)に、ボーマン膜を除去する方法があります。ところが、@の角膜上皮層と違い、再生能力を備えていないボーマン膜は、ひとたび除去すると二度と再生することはありません。よって、ボーマン膜は除去したり、切れ込みを入れたりするべきではない、という意見があるのも事実。実際ボーマン膜を除去することによって、角膜表面は外部圧力に若干弱くなる、というデータがあります。しかし、単に角膜の強度が落ちるというだけのもので、日常生活に支障をきたすレベルのデメリットではないことも事実です。

視力矯正によるボーマン膜へのダメージが、どれほど目に影響や害を及ぼすのか、今のところ学術的な見解は出ていません。憶測の域を出ていないのが現状です。


レーシック(近視レーザー手術)眼科 紹介

神奈川クリニック
東京・大阪・名古屋 詳細 予約 資料請求
神奈川クリニック眼科は世界最高性能といわれているレーザー「コンチェルト」で世界一の症例数を誇っている眼科です。遠方交通費補助や公式HPに割引クーポンページがあるので、印刷して持っていけば、手術費用がキャンペーン価格よりさらに10,000円の割引になります。

品川近視クリニック
東京・大阪・名古屋 詳細 予約 資料請求
品川近視クリニックは症例数21万5484件(2008年1月31日現在)でイントラレース世界トップクラスです。また3年連続イントラレース賞を受賞している優秀な眼科です。遠方の方の交通費補助制度あり。適応検査無料です。

錦糸眼科
札幌・東京・大阪・名古屋・福岡 詳細 予約 資料請求
錦糸眼科は2003年にアジア圏で初めてイントラレーシックを実施した認定施設です。近代的な院内には世界でも有数の高性能レーザー機器が装備され、先端レーザーテクノロジーで治療を行っています。