RK(アールケー)

RK(アールケー)は現行レーシックのさきがけ的存在です。ここでは「RK(アールケー)」についてか説明致します。


RK(アールケー・Radial Keratotomy)とは、『放射状角膜切開手術』という意味で、現在のレーシック手術の前身ともいえる視力矯正手術です。現在、レーザー照射で行う角膜の屈折矯正の段階を、人の手によってメス切開で行うものです。かつての近視視力矯正法といえばこのRK手術が主流でしたが、今では医療器具の発達により、レーザー照射法に移行しています。

【RK手術内容】

瞳孔を一時的に点眼薬で収縮させ、さらに点眼麻酔を行います。黒目の角膜に切り込み線をマーキングし、ダイヤモンドメスで放射状に切れ目を入れます。切り口を洗浄し、抗生剤を点眼して終了です。


RK手術は、もっとも歴史ある近視視力矯正法で、古くから行われてきました。しかし、眼球に切り込みを入れることで眼球の強度が落ちたり、気圧の変化にともなって視力や見え方が異なったりするなどのデメリットのため、近年ではRK手術が行われることは稀(まれ)です。

そのデメリットを解消すべく、開発されたミニRK手術というものもあります。放射状の切れ込みを、通常のRK手術では12本のところを8〜4本に減らすことで、眼球の強度を保とうとするものです。

しかし、RK、ミニRKのいずれの手術も、軽度の近視の視力矯正にしか対応しておらず、強度の近視の視力矯正なると、やはりレーシック手術が適しているといえます。


レーシック(近視レーザー手術)眼科 紹介

神奈川クリニック
東京・大阪・名古屋 詳細 予約 資料請求
神奈川クリニック眼科は世界最高性能といわれているレーザー「コンチェルト」で世界一の症例数を誇っている眼科です。遠方交通費補助や公式HPに割引クーポンページがあるので、印刷して持っていけば、手術費用がキャンペーン価格よりさらに10,000円の割引になります。

品川近視クリニック
東京・大阪・名古屋 詳細 予約 資料請求
品川近視クリニックは症例数21万5484件(2008年1月31日現在)でイントラレース世界トップクラスです。また3年連続イントラレース賞を受賞している優秀な眼科です。遠方の方の交通費補助制度あり。適応検査無料です。

錦糸眼科
札幌・東京・大阪・名古屋・福岡 詳細 予約 資料請求
錦糸眼科は2003年にアジア圏で初めてイントラレーシックを実施した認定施設です。近代的な院内には世界でも有数の高性能レーザー機器が装備され、先端レーザーテクノロジーで治療を行っています。