遠近両用眼内レンズ

遠近両用眼内レンズとは、眼球に挿入するコンタクトです。ここでは遠近両用眼内レンズについて解説します。


現在のレーシック手術では治療することができない老眼や白内障。しかし、《遠近両用眼内レンズ》を用いることによって、その治療は可能となりました。遠近両用眼内レンズとは文字どおり、遠くも近くも見えるレンズのことで、水晶体を除去してレンズを挿入するケース、水晶体を残したままレンズを挿入するケースなど、個々の目の状態や症状に応じてその方法が決定されます。

老眼や白内障に加えて、近視にも対応できる遠近両用眼内レンズ。近年では日本での手術も増えつつあり、安全性の高い視力矯正法として普及してきています。

昔の視力矯正法では、水晶体を除去後、牛乳瓶底のような厚いメガネを装用するしかなかった白内障。しかし、『レンズを眼球に挿入するのはどうか』というアイデアから発展し、現在の遠近両用眼内レンズの開発に至りました。

現在、遠近両用眼内レンズ挿入手術は、以下のように症状によって内容が異なります。

【白内障の視力矯正手術】
水晶体を除去し、水晶体の代わりに遠近両用眼内レンズを挿入します。

【近視の視力矯正手術】
水晶体をそのままに、遠近両用眼内レンズを挿入します。


いずれの遠近両用眼内レンズのしくみも多焦点になっており、レンズ表面の特殊加工によってあらゆる見え方に対応しているため、度数ずれを起こす場合もあります。その場合は、レンズを取り出して再加工し、再び眼内に戻すことも可能です。

ただし、保険の適用があまり見込めないため、遠近両用眼内レンズは高額となってしまいます。予算を充分考慮した上で、視力矯正に臨みたいところです。


レーシック(近視レーザー手術)眼科 紹介

神奈川クリニック
東京・大阪・名古屋 詳細 予約 資料請求
神奈川クリニック眼科は世界最高性能といわれているレーザー「コンチェルト」で世界一の症例数を誇っている眼科です。遠方交通費補助や公式HPに割引クーポンページがあるので、印刷して持っていけば、手術費用がキャンペーン価格よりさらに10,000円の割引になります。

品川近視クリニック
東京・大阪・名古屋 詳細 予約 資料請求
品川近視クリニックは症例数21万5484件(2008年1月31日現在)でイントラレース世界トップクラスです。また3年連続イントラレース賞を受賞している優秀な眼科です。遠方の方の交通費補助制度あり。適応検査無料です。

錦糸眼科
札幌・東京・大阪・名古屋・福岡 詳細 予約 資料請求
錦糸眼科は2003年にアジア圏で初めてイントラレーシックを実施した認定施設です。近代的な院内には世界でも有数の高性能レーザー機器が装備され、先端レーザーテクノロジーで治療を行っています。